« 青木亮作品集 | トップページ | 青木亮作品集 追記 »

2006年7月 3日 (月)

料理好きの、大人の器

Asizawairabo芦澤龍夫さんの伊羅保の鉢にジャガイモの煮っ転がしを盛ってみた。
この鉢は焼き損じたものをいただいたものだが、これが実に重宝している。7寸ほどの浅い鉢だが、このように数人分の煮物をドーンと盛ってもいいし、カレーやスパゲティなんかも一人分にちょうどいい。これからの季節はマスカットなんか盛っても綺麗だし、もちろん蕎麦もお似合いだ。冬はおでんの取皿としても実に具合がよく、縁の部分にはカラシがうまい具合に乗る。
とにかくこの茶色い素地はどんな色の料理でも実に懐深く受けとめてくれる。このように同系色でも料理が埋没せず、器との一体感があるし、ほうれん草のおひたしなどの緑系はとても映える。
グルメで料理も得意な芦澤さんの器はどれも、料理好きには納得の使い勝手である。

>> 器穂垂ホームページへ

|

« 青木亮作品集 | トップページ | 青木亮作品集 追記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理好きの、大人の器:

« 青木亮作品集 | トップページ | 青木亮作品集 追記 »