« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

土の人

Murakiwan 吉田直嗣さんの工房を後にし、今回の作家巡りの最終目的地、村木雄児さんの工房を目指して伊豆へと南下します。
車を走らせることおよそ2時間、海を見下ろす高台に、村木さんの工房兼住まいはありました。建て替えてまだ2年と少しという工房はすでに様々な道具やら土やらでごった返していて、土と戯れて、またある時には格闘している村木さんが容易に目に浮かぶ佇まいをしていました。そして轆轤の横には挽きあがったばかりの端正な姿の瑞々しい鉢がいくつか並んでいました。

そんな仕事場を後にして、まずはご自宅に案内いただきご挨拶と相成りました。萬理さんとは随分以前に一度お会いしたことがあるだけだそうですが、「萬ちゃん、萬ちゃん…」と、もう長年付き合っているみたいに親しげにお話されていて、再会をたいそう喜んでおられるご様子が伝わってきます。話題の中心はお互いの共通の知り合いだった青木亮さんのことに自然となります。村木さんにとって青木さんは大人になってからできた、何でも言い合えるかけがえのない親友で、萬理さんにとっては記念すべき独立後初の展覧会をともにした、兄貴のような存在でした。村木さんの奥様を含め4人でケタケタと、しばし思い出話に花が咲きました。

さて、工房に戻ると在庫部屋には、特徴の異なる3系統の土と数種の釉薬を組み合わせて様々な表情を見せる碗や鉢がびっしりと棚を埋めていて、それはそれは圧巻でした。粉引をはじめ、唐津、三島、ちょっと変わったところではみかん灰の器など、どれも土の風合いを最大限に引き出そうとする村木さんの旺盛な制作意欲に満ち溢れる器ばかり。薪窯も新たに作り始めた村木さんですが、今までしてきた仕事の延長上にも「まだまだやりたいことはいっぱいある」と、どこまでも土と向き合う“土の人”村木雄児の姿がそこにありました。

Murakiwans 帰り際、村木さんに『池のさと』という地酒をいただき、ならばと自分用に粉引の片口を分けていただいて帰ることに。
萬理さんと二人して、村木さんの大らかで温かい人柄と、村木さんが生み出す生き生きとした器たちの余韻に浸りながら、工房を後にしました。

明くる晩、その片口でいただいたお酒が最高に旨かったことは言うまでもありません。

村木雄児/粉引碗(上の写真) \3,600

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

白と黒

Huji_1 関東三日目のこと。作家巡り最終日。
萬理号で帰路につきながら、静岡の作り手二人を訪問。
まずは午前中お若い吉田直嗣さんのところへ。
高速を降りれば雪化粧をした針葉樹の植林が。
綺麗… 思わずシャッターを切る。
ここは富士山麓の東側、聞けば吉田さんのところは富士山の1合目で、海抜が1,000メートル近くあるとのこと。
どうりで景色が違うわけだ。
店主と作家、男二人の珍客をご夫妻と赤ちゃんの3人で温かく迎えてくれました。

吉田さんの作る器は、師匠の黒田泰蔵さん譲りの造型感覚鋭いシャープな器。
そこに吉田さんらしいお茶目な感じが加わって、程よくゆるさを残した仕上がりになります。白磁一辺倒の黒田さんとは反対に吉田さんは黒い器一辺倒。かと言って別段黒にこだわっているわけでもなく、今はなんとなく他に食指が働かないご様子で、その辺がまた吉田さんらしいところなのかもしれません。

Naotugucoffee 現在、銀座『日々』にて二人展中の吉田さん。これが終わった頃を見計らって、ぼちぼち器をお願いしたいと思っています。どうぞお楽しみに。

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

仁城義勝展 at 舎林

Ikkei019_1 今日は、大阪の漆器専門のギャラリー、『舎林』さんにて開催中の仁城義勝展を見に天王寺へ。
仁城さんは材木を丸太から調達して最後の塗りまですべて一人で行います。分業制の進んだ塗り物の世界では稀有な存在です。今でこそ、木地を挽くことから塗りまでこなす人は増えましたが、それもまだ少数。仁城さんはそれをもう30年近くやってこられました。しかも丸太から。
不勉強ゆえよくは知りませんが、丸太から器完成まで、きっと何年もかかることでしょう。栃や栗の木目が透ける質朴で楚々とした仁城さんの木の器は、赤呂漆を3回塗っただけで完成とする潔さ。仁城さんが追求するのは木の良さを出来る限り残すこと。漆を塗るのはあくまでも補助的なことなんだと思います。
昨年の福田敏雄展で福田さんが来られた際に、仁城さんのことが話題に上り、漆の塗り立て3回仕上げで強度は大丈夫なのか伺ったところ、きっと大丈夫だろうと仰っていました。じゃあ福田さんをはじめ多くの塗師たちは、なぜそれ以上塗り重ねるのかというと、それはより強くする補強の意味と、漆のリッチなテイストをよりよく表現するためということになります。これはどちらがいいとか悪いとかではなく、嗜好の違いでありましょう。

今展では仁城さんのご子息の作品も出品されていました。まだ二十歳そこそこの息子さんもお父上の仕事を引き継ぐ決心をされたそうで、3分の1ほどのスペースを息子さんの器が占めていました。その中から細長い板皿を1枚分けていただいて帰りました。唯一無二の父の仕事をこれからどのように引き継いでいかれるのか、温かく見守っていきたいと思います。

仁城義勝さんの木の器は今秋より穂垂にも登場の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

砂糖菓子

Tayakatakuchi 奈津さんの工房を訪れたその足で、田谷直子さんの工房へ。
早く小壷の蓋を挽かなくてはいけないにもかかわらず、暗くて入り口がわかりにくいからと(外はすっかり日が暮れて、おまけに雨も本降りになっていました)、奈津さんのご好意に甘えて、車で20分ほどの工房まで道案内いただき、田谷さんとの初対面を果たしました。お屋敷の蔵?を改造した工房は整理整頓が行き届いて実に快適そうです。

Tayakyusu_1 田谷さんの器はいわゆる半磁器の範疇に入るもの。ぽってりとした砂糖菓子のような白い釉薬が魅力的で、田谷さんご自身のフンワリ柔らかな印象に一致します。
田谷さんはかねてから急須も精力的に作っておられ、とてもバランスのよい形は急須好きの店主の目にもとても心地よく映ります。急須は皿や鉢などの食器類とは違う薄い釉薬を用いて、重くならないように仕上げてあります。

白の色合いも緑がかったものやベージュっぽいもの、雪のような白さのものと様々ですので、ぜひ店頭で実物をじっくりご覧いただきたいです。

●田谷直子/片口(小) \3,500
急須 \7,000

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

Live on a wheel!

Natuban_1 関東2日目は吉岡萬理さんにご同行願って、1年ぶりの長谷川奈津さんの工房再訪です。伺ったときはちょうど小壷の実の方を挽いていらして、その棚の部分(棚とは蓋を載せる引っかかりになる部分のこと)の作り方がいまいちよくわからないと仰るので、萬理さんが実演指導することに。ライブな現場にワクワクして思わずシャッターをパチリ。瞬く間に実と蓋が挽きあがりました。萬理さんの達者な轆轤さばきは、かの青木亮さんも認めていらっしゃったそうです。

Mitohutaさて、あまりの忙しさに定番作品の注文をなかなか受けられない状態の奈津さんには、8月に開催予定の白磁の企画展への参加をお願いしてきました。昨年あたりから白磁にも精力的に取り組まれていて、作りたいものはたくさんあるご様子。昨年のものとは土を若干変更されて、何が出来上がってくるのか。今から楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

新入荷のお知らせ

角掛政志/7寸正角皿 \5,000 Tunokakemasakaku_1完売

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

福永芳治 at PARTY

Fukunagasan東京入りした初日は、駒場の『PARTY』さんで行われていた福永芳治展の最終日。PARTYの坂根さんには以前メールのやり取りでお世話になったことがあったので、ご挨拶を兼ねて伺うことに。

坂根さんも福永さんも実に気さくな方で、終了間際に来られた『間・kosumi』の矢野さんも交えてしばし談笑しながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

写真は辛うじて残っていたお手ごろサイズの片口。枇杷色の柔らかな風合い。

福永さんの器、穂垂でもご紹介できることになりました。
まだもう少し先になりますが、どうぞ楽しみにしていてください。

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

おのぼりさん

Tokyosta クリスマス以来の今年初めてのアップとなります(^^ ;
まめにチェックして下さっている方々には大変失礼いたしました。
こんな穂垂ですが、どうかごゆるりと、気長にお付き合い下さい。

 
さて、昨日まで3日間ほど、関東の作家さん巡りをして参りました。

村木雄児さん、深田容子さん、田谷直子さん、吉田直嗣さん。

今後この方々の作品の取り扱いをを、少しずつではありますが始めさせていただくことになりました。当ブログおよびホームページにも、追々ご紹介させていただきます。村木さんと吉田さんの作品はWeb shopページへの掲載も予定しておりますので、どうぞお楽しみに。

写真は朝の東京駅。

>> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »