« 今年最後の | トップページ | 漆の秋 »

2007年11月22日 (木)

男気

Fukudaten030_2 いよいよ明日から福田敏雄展が始まります。こちらのブログでも出品作をご紹介してまいります。

拭き漆の器は木目が透けていて木の生命力をダイレクトに感じられるからか、力強く男っぽい感じがします。
この鉢は面取りを施した力強い高台、上部3分の1のところでグイッと上に立ち上がるボディライン、玉縁に成形された口縁部などのディテールにより、さらに力強い印象を与えます。7寸なのでそれほど大きな鉢ではありませんが、食卓で十分に主役を張れる男気ある一品に仕上がっています。
展示替えの終わった夕刻の店内で、第一印象の一番強かった作品を一番最初に撮影しました。

●福田敏雄/面取高台鉢(7寸・拭き漆・ケヤキ) \26,250 sold

> 器穂垂ホームページへ

|

« 今年最後の | トップページ | 漆の秋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男気:

« 今年最後の | トップページ | 漆の秋 »