« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月10日 (日)

今日のおやつ

Boissier041最近日本に初出店したばかりのパリBOISSIER(ボワシエ)のマドレーヌ。出店には義理の弟も携わったので、東京に行った時には一度カフェに寄ってみたいなぁと思っています。
BOISSIERは東京大丸店に入っています。



器は、
灰粉引七寸角皿/三笘修 sold
鉄釉コーヒーカップ/吉田直嗣

> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

雪。。。

Hotaruyuki_5店の出窓から。

朝遅くに降り始めた雪ですが、お昼過ぎの時点ですでに3センチほど積もっています。

雪国にお住まいの方には笑われるかもしれませんが、この程度でもこちらではあたふたしてしまいます。
お出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さ い。


 
> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

象嵌の器あれこれ

Hotaru_048田谷さんからベージュ肌の象嵌の器が新しく届きました。写真右側が今までのアイボリーのもの、左が新作のベージュ。象嵌がはっきりと出過ぎないように素地のトーンを抑えてみたのですが…と田谷さんが仰るように、よりシックで落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

 

Hotaru_036_2田谷直子/象嵌なます皿(ベージュ) \3,150
直径約15.5cm 高さ約4cm

使いやすいと好評のなます皿。
こちらは新色です。
 
  

Hotaru_067田谷直子/象嵌なます皿(アイボリー) \3,150
直径約15.5cm 高さ約4cm



 
 
 

Hotaru_080こちらも新たな象嵌の鉢で、灰釉のボディに白い象嵌が施されていて、渋く骨董風情の器に仕上がっていると思います。

田谷直子/灰釉象嵌鉢 \6,300 sold
直径約19.5cm 高さ約7cm



Hotaru_097_2
田谷直子/象嵌浅鉢(アイボリー) \6,300
直径約20.5cm 高さ約4.5cm

「お魚も盛れるように縁を立ち上げて作りました」

剥いたりんごを盛っても美味しそうです。

 

> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

入荷速報

Hotaru_002田谷直子さんから素敵な器の納品がいくつかありました。
また後日、いい光の下で写真を撮ってご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに。

田谷直子/灰釉象嵌鉢 \6,300 sold
直径約19.5cm 高さ約7cm
 

> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

黒い器を繕う

Kintugiysd最近ようやく器の繕いをする時間ができてせっせと修理に励んでいます。
大抵は金を蒔いて仕上げますが、器の色によっては銀を蒔くこともあります。
これらはいずれも吉田直嗣さんの黒い器ですが、焼き上がりの色味によって金と銀を使い分けています。
   

Kintugimesi_2飯碗は釉薬の中に少し金色が混じったような色合いだったので金で仕上げました。
 




 

Kintugipot_2 真っ黒に近い仕上がりのポットの蓋と、どら鉢の底の部分は銀で仕上げました。

吉田直嗣/ポット(中) ※銀継ぎあり \10,500
直径約9cm 高さ約11cm



Kintugisundo_3






 

Kintugidora_2 一点もののどら鉢は、今の季節、赤い椿などを浮かべて花器として使っても良いでしょう。このどら鉢、正面に茶褐色の窯変が出ていて、それが見所となっています。

吉田直嗣/どら鉢 ※銀継ぎあり \10,500
直径約17cm 高さ約8.5cm

> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

二月三日

Ninjooni021_2 仁城義勝/七寸皿(栃)






> 器穂垂ホームページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »