« お魚くん展便り 2 | トップページ | お魚くん展便り 4 »

2008年10月 7日 (火)

お魚くん展便り 3

Osakana4_040_2 萬理さんが持って来てくださったお菓子
みむろ』。
奈良ではおなじみの最中です。素麺でも有名な三輪の明神さんのすぐ傍に本店があります。
箱の中に中袋もなく最中がずらりと並んでいるのを、初めて見たときには驚きました。なんと潔いことか。作っているのもこれだけ。スバラシイ。

器は今のところ穂垂限定出品の「刷毛目 さしみ醤油皿」。
萬理さんが作るものの中では今まで見た中で一番小さいのでは。
小さな菓子や漬物にもよい形。

お茶の器は「色絵 こぶ茶湯呑」

魚の器展ということでどの器も魚料理にちなむ名前が付けられていますが、何のことはない。ネタをばらすと、いつもの器に魚料理を当てはめてみただけのことです(笑)。
良い器はどんな料理にも順応できるってことですね。
でも、さしみ醤油皿はまず用途ありきで作られた器です。

Osakana4_051_2 Osakana4_079 Osakana4_089 『みむろ』はお湯を入れると即席のおしるこに早変わりします。寒い日には特にいいです。
器は「鉄彩 酢の物碗」。蛸とキュウリが似合いそう。いつもの名前は「鉄彩汲出」です。

『みむろ』、みなさんも機会があれば召し上がってみてください。
そして、器が萬理さんのものであれば言うことなしです。 

吉岡萬理「osakana-kunと魚の器展」は13日まで。休み無しでやっています。

どうぞお越しやす。
  

> 器穂垂ホームページへ

|

« お魚くん展便り 2 | トップページ | お魚くん展便り 4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お魚くん展便り 3:

« お魚くん展便り 2 | トップページ | お魚くん展便り 4 »