« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

さてさて…

昨日で一応、今年の営業を無事(かどうかわかりませんが…)終了いたしました。
今年も一年間お付き合いいただきどうもありがとうございました。
今年最後のご来店となったのは、展示会の度に来てくださる常連のお客様。確か昨年も彼女が最後のお客様だったような…。わざわざ1時間以上かけて電車、徒歩でやって来てくださる。いつもありがとうございます。
ネットでお買い物をしてくださるお客様も随分増えました。一度きりの方もいますが、幾度となくお買上げくださる方もたくさんいて、どうにかこうにか店を運営できています。本当にありがたい限りです。
店主が気まぐれのため、ブログの更新もままならないことが多いですが、来年も本当に良い器を少しずつじっくりとご紹介してまいりますので、どうか宜しくお付き合い下さい。

午後、藤田佳三さんがいらっしゃった。手土産にいただいた阿闍梨餅を二人で頬張りながら雑談していると、来年の個展スケジュールに僅かな空きがあることが判明。ラッキーなことに、来年は諦めていた藤田さんの初個展が実現することに。これでなんとか来年の展示会スケジュールの目処が経ってきた。

角掛さんから今年最後の納品。溜まりに溜まったダンボールと新聞紙の片付けのため、まだ荷解きできず。角掛さんの納品を楽しみにされているOさん、Mさん、よろしければお電話の上、ご来店下さい。

また、明日は水野さんからも土瓶の納品がある。これもKさんに年内に納めなければ。

ダンボールもまだ片付け切れていないし、仁城さんへの返却作業もまだ途中と、まだまだ仕事を終えられそうにありません…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

さて…

今年最後の山だった仁城三笘展が終わって、その後ネットの対応に追われるも、10日ほど経ってようやく落ち着いてきました。ボチボチこちらのブログの更新も進めて行きたいと思います。

仁城さんの展示会出品作は、年内27日までご注文を受け付けています。
三笘さんの作品は、いずれwebshopのレギュラーページに移行してそのまま販売を継続します。今回の展示会ページの写真はあまり良くなく、三笘さんの器の魅力を半減させてしまっているので、もう少しちゃんと撮りなおしたいと思っています。

先日窯焚きの合間を縫って納品に来られた谷口さんの白磁のポットや擂鉢、田谷さんの灰釉のなます皿や汲出、深田さんの黄粉引の温かい器、村木さんの魅力溢れる片口や三島の茶碗、入荷したての伊藤さんの輪花や印判の鉢、間もなく入荷するであろう角掛さんの白や黒の器など、その他諸々ご紹介したい器が山のようにあります。webshopページに順次掲載していくつもりですので、どうぞ楽しみにしていてください。
狭い店内はそれらの器で溢れかえっています。ちょっと出し過ぎで余計に見難くなっている気がしなくもないですが、お近くの方はぜひ足を運んで実際に手にとってお選びください。お待ちしております。

今年も残すところあとわずかとなりましたが、最後までどうかよろしくお付き合いのほどを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ありがとうございました。

仁城義勝・三笘修 二人展が今日で終了しました。
お出掛けくださった皆さん、ありがとうございました。

webでの紹介を楽しみにされている方には申し訳ありませんが、
もうしばらくお待ち下さい。2、3日中には掲載したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

究極の入子

Ninjo_027_4 これが







 
         ↓
 

Ninjo_030

こう納まります。



 
 
 

めいっぱい詰めて宴に持って行き、

帰るときはコンパクトに収納。

どんな風に納まるかは店でお確かめください。

■仁城義勝/角重ね鉢 収納時19.7cm角、高さ7.8cm \ask

 
> うつわ穂垂のホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入荷速報

Mitoma_016今日から師走。今年も残すところあと一ヶ月となりました。
二人展もいよいよ後半に突入です。

先日お伝えしておりました三笘さんの追加納品の第一便が届きました。
欠品となっていたものが補充され、さらに新しい器(新しい釉のものではありません)もやってきて、会期初日よりアイテムが増えています。4日にはさらに追加納品を予定しています。

仁城三笘展はまだまだこれからが本番です。
たくさんの器があなたを待っています。

> うつわ穂垂のホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »