« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

石田誠さんの洒落た鉢

Bdsc_0557_2


「洒落た鉢を作りましたので一緒に送りましょうか」

そう言われて送っていただいたのがこちらの紅毛手3色の鉢です。

口径は約7寸で深さがあるのでたっぷり入ります。

サラダボウルとしてテーブルにドンと置きたい感じ。

それぞれ1点ずつのご紹介になります。


Bdsc_0559


Bdsc_0574Bdsc_0612

●石田誠/紅毛手7寸リム鉢(白) Ф約22×h約9cm \7,980 sold

白は花器としても使いこなせたら一層オシャレですね。



Bdsc_0565


Bdsc_0579Bdsc_0621

●石田誠/紅毛手7寸リム鉢(クリーム) Ф約21.3×h約9.3cm \7,600(税抜) 現品のみ

穏やかなクリーム色には煮物もしっくりきそうです。



Bdsc_0572


Bdsc_0591Bdsc_0604

●石田誠/紅毛手7寸リム鉢(ブルー) Ф約21×h約9.2cm \7,980 sold

グリーンや赤の野菜をより一層イキイキと見せてくれそうなブルーです。






しばらく続きました石田誠さんの器の紹介は以上でいったん終了となります。

過去の記事も合わせてどうぞお楽しみください。





ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
2013年以降の記事で、sold表記のないもの、あるいは残数表示のあるものはお買い求めいただけます。

下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

2013年2月23日 (土)

伊藤聡信/色絵蓋物

Bdsc_0660

入荷の度にどこかしらディテールが変わってやってくる伊藤聡信さんの色絵の蓋物。

今回は蓋がふっくらしました。

磁器なので、ごはんの友を冷蔵保存しておくのにとても便利な道具です。

大阪人ならまずアメちゃんを入れるかもしれませんが…




Bdsc_0630


Bdsc_0642Bdsc_0639

●伊藤聡信/色絵蓋物 Ф約8.5×h約7.5cm 各\3,675

左奥から時計回りに A sold、 B sold、 C sold、 Dsold、 E sold


形もシンプルだから幅広い用途に使える、オススメの一品です。


ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
2013年以降の記事で、sold表記のないもの、あるいは残数表示のあるものはお買い求めいただけます。

下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm



> うつわ穂垂HP

|

2013年2月22日 (金)

石田誠さんのスリップとスリップ無地

Bdsc_0510

さりげなく、のほほんとした石田誠さんならではのスリップウェアが好きです。

でもこの器、艶光していて本当にカメラマン泣かせの器なのです。

今回も見込みにはバッチリ撮影風景が写ってしまい、見苦しくてすみません。ていうか、恥ずかしいです。

でも、そのツヤツヤの質感も含め、本当に素敵な器ですので、どうぞお見逃しなく。


Bdsc_0507

●石田誠/スリップ4.5寸碗 Ф約13.5×h7約cm \3,400(税抜)

左奥から時計回りにA、B、C、D、E。

B、C、D、Eはsold

たっぷりサイズの碗で、いろいろ使えそうです。こちらは先にご紹介した紅毛手の碗と違ってどっしりとした重みがありますが、男性なら飯碗としても使えるでしょう。碗と言うよりもボウルと言った方がしっくりくるような気がします。







Bdsc_0401


次にご紹介するのは、石田さんがスリップ無地と呼んでいるものですが、スリップウェア独特の模様が入っておらず、実際のところは、上のスリップウェアと同じ土で作った粉引の器と言ってもいいと思います。少し黄色っぽいというか、緑色っぽいというか、そんな色味に仕上がっています。素地自体は上のスリップ同様、かなり磁器質な器です。

Bdsc_0372_2
左からA、B、C

Bdsc_0384Bdsc_0391


Bdsc_0348_2
A sold

Bdsc_0356
B sold

Bdsc_0359
C sold

●石田誠/スリップ無地4寸碗 Ф約12.5×h約6.3cm 各\2,780

飯碗としては気持ち重めかなと思います。
 



以上、スリップの器は今回はこれですべてです。




ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

2013年2月18日 (月)

石田誠さんの紅毛手のお碗いろいろ

Bdsc_0232


手取りも色合いも軽やかな石田誠さんの紅毛手のお碗のご紹介です。

4寸サイズは男女の別なく飯碗としてちょうどいい大きさです。

この爽やかなお碗、春に使うご飯茶碗としてぴったりなのではないでしょうか?



Bdsc_0269

Bdsc_0272Bdsc_0274

●石田誠/紅毛手4寸碗(ホワイト) Ф約12.3×h6.2約cm \2,730 sold

この上なくプレーンな無地。驚くほど軽い仕上がりで、土ものの重い茶碗が好みでない人には最適かと思います。



Bdsc_0277

Bdsc_0317_2Bdsc_0318_2

●石田誠/紅毛手4寸碗(黄ライン) Ф約12.2×h約6.2cm \2,600(税抜) sold

●石田誠/紅毛手4寸碗(黄ボーダー) Ф約12.3×h約6cm \2,600(税抜) 現品のみ

上絵の黄色い線は一つの碗の中にスッとした直線とヨロヨロとよろけたラインが同居しています。
ふくよかな丸みがあって手にやさしい感じです。



Bdsc_0286

●石田誠/紅毛手4寸碗(青ボーダー) Ф約12.4×h6約cm \2,600(税抜) sold

●石田誠/紅毛手4寸碗(青丸) Ф約12.3×h6.1約cm \2,600(税抜) sold

クリーム色の素地に下絵でブルーのラインと丸文が描かれています。
丸文は裏正面にも入っています。
下絵なので釉薬が流れて滲んだ線が柔らかい雰囲気を出しています。




次の3つは4.5寸サイズで、女性が持つともう小丼といった大きさでしょうか。



Bdsc_0288

●石田誠/紅毛手4.5寸碗(黄緑ボーダー) Ф約13.8×h約7.2cm \3,400(税抜) sold

時にはこんなポップな配色に挑戦してみませんか?

写真を撮ってませんが内側の見込みのカーブがとてもきれいで、ちょうど半球状になっています。



Bdsc_0293

Bdsc_0296Bdsc_0300_3

左から

●石田誠/紅毛手4.5寸碗(青ボーダー)A Ф約13.9×h7.2約cm \3,400(税抜) sold

●石田誠/紅毛手4.5寸碗(青ボーダー)B Ф約13.6×h7.2約cm \3,400(税抜) sold

男子諸君! 卵かけご飯が似合いそうなお碗ですよ。

しかも普通にお浸しなんかを盛っても決まりそうです。

ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

2013年2月14日 (木)

チョコ ちょこ 猪口

Bdsc_0544


なんとか貰えましたね。

ル・ピノーのカルバドス入りの生チョコ、一粒1㎤ほどのキューブです。

チョコを乗せた猪口は石田さんのおちょこ

吉田直嗣さんの白磁煎茶碗(これも猪口ですね)とともに。 



●吉田直嗣/白磁煎茶碗 Ф約8.5×h約3.7cm \2,500(税抜) 残6以上



ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

2013年2月13日 (水)

石田誠/紅毛手5.5寸リム皿

Bdsc_0437


白から始まった紅毛手の器ですが、年々進化し、色も増えて、今ではブラウンも登場してきています。

取り皿やケーキ皿にちょうどいい5.5寸サイズが少し入ってきていますのでご紹介いたします。

Bdsc_0416

Bdsc_0400Bdsc_0411

Bdsc_0453Bdsc_0461

Bdsc_0446_2

●石田誠/紅毛手5.5寸リム皿(ホワイト) Ф約16×h約2.7cm \3,400(税抜) sold

●石田誠/紅毛手5.5寸リム皿(ブルー) Ф約16×h約2.7cm \3,400(税抜) sold

●石田誠/紅毛手5.5寸リム皿(ブラウン) Ф約16×h約2.7cm \3,400(税抜) 在庫1(2014年1月22日現在)

食材やその日の気分で色を変えるのも楽しいでしょうし、朝は白、夜は青など、時間帯によって使い分けるのもいいですね。



ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 



> うつわ穂垂HP

|

2013年2月11日 (月)

深田容子/グレー粉引7寸リム皿

Bdsc_0355


深田容子さんの新入荷の器をもう1点ご紹介しておきます。今回はこれですべてです。


深さのあるリム皿で冬の食卓を暖かくしてくれそうな風合いがいいですね。

 

Bdsc_0342


Bdsc_0323_2Bdsc_0372_3

●深田容子/グレー粉引7寸リム皿 Ф約20×h約5cm \4,400(税抜) 

個人的にはこれで酢豚を食べてみたいな。ブロッコリーも茹でてこの皿に盛るだけでご馳走になりそうです。お昼のちょい少なめカレーにも(といっても結構入りそうですが)。




 
> 深田容子作品index

> うつわ穂垂HP
 

|

2013年2月 9日 (土)

深田容子さんの土鍋

Bdsc_0314

また寒さがぶり返してきましたね。

寒さといえば、鍋の登場です。

鍋といえば、深田容子さんの土鍋です。

深田さんの土鍋が2点だけ届いていますのでご紹介します。


Bdsc_0285


Bdsc_0294Bdsc_0299


Bdsc_0308Bdsc_0318

●深田容子/土鍋(白灰釉) Ф約22×h約7.5cm(取っ手、蓋を除く) \15,000(税抜) 現品のみ

新しく取り組まれている釉薬の土鍋です。元々渋めの質感が多い深田さんですが、これはさらに渋い仕上がり。白化粧してから灰釉を掛けて焼かれていて、複雑な焼き色になっています。蓋の持ち手も新しい形です。

二人でも使えると思いますが、少し小さめなので、一人で贅沢に使うのがよいのではと思います。



Bdsc_0237


Bdsc_0248Bdsc_0253

●深田容子/土鍋(グレー) Ф約25.2×h約8.7cm(取っ手、蓋を除く) \17,850 sold

グレーというよりもベージュに近い優しい色合いのの土鍋です。化粧土の掛けむらも雰囲気があって穏やかな気持ちにさせてくれそうです。
二人で使うのにジャストサイズでしょうか。




> 深田容子作品index 

> うつわ穂垂HP

|

2013年2月 6日 (水)

石田誠/紅毛手チョコ

Bdsc_0164

紅毛手の白にはコーヒーがとてもよく似合います。

いわゆる作家ものの、コーヒーカップそのものも含め、コーヒーに使えるカップはいくらでもありますが、“個人的に”しっくりくるものってほとんどありません。たぶんそれは自分の中で、コーヒーに目覚めたころの、コーヒーにはボーンチャイナが一番しっくりくるというイメージが強く残っているからなのかなあと思いますが、この紅毛手の白はそれに少し似た感じもありながら、より柔らかで、手作りならではリラックスした雰囲気もあって、かなりイイ線いってるゾと思うのです。これならば、自分のやたらに狭いコーヒーカップのストライクゾーンの真ん中高めにキターッて感じです。

Bdsc_0173


Bdsc_0177Bdsc_0178

左から

●石田誠/紅毛手チョコ(L) Ф約8.5×h約7.7cm \2,730 sold

●石田誠/紅毛手チョコ(XL) Ф約10.5×h約6.5cm \3,150 在庫4(2014/1/5日現在)

Lはコップとして、XLは小鉢として使うイメージです。




Bdsc_0187


Bdsc_0196Bdsc_0199_2

左から

●石田誠/紅毛手チョコ♯(L) Ф約8.5×h約7.6cm \2,730 sold

●石田誠/紅毛手チョコ♯(XL) Ф約10.5×h約6.5cm \3,150 sold


こちらはクリーム地にブルーの井桁模様が入っていて、袢纏を着た石田さん(見たことないけど絶対似合いそう)がコタツでみかんを食べている画が思い浮かぶユル~イ一品です。




ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP
 

|

2013年2月 5日 (火)

清水なお子/白磁しのぎ四方皿

Bdsc_0486


久々、清水なお子さんの器のご紹介です。

型打ちによるしのぎの入った長方形の小鉢。

1枚だけ歪みの大きかったコがいたので我が家用に下ろして使っていますが、とにかく便利。磁器でコンパクトで深さがあると、保存容器の役目をしっかりと果たしてくれて、土もの中心の我が家ではとても貴重な一品となっています。

普段あまり便利かどうかを基準に品ものを選んでいませんが(この器もそうですが)、カワイイ上に便利なら言うことありませんね。

家族の人数分揃えてもいいし、変わり小鉢として1点だけでもアクセントにもなって活躍してくれます。

Bdsc_0452


Bdsc_0461

●清水なお子/白磁しのぎ四方皿 約14×10×3.8cm \3,000(税抜) 在庫なし

青みのある白磁は程よい厚みもあってしっかりとしていながら可憐さもある、清水さんらしい一品となっています。おかずもおやつも可愛くおさまります。ソープディッシュにするなんていう贅沢な使い方もありでしょうか。みなさんもいろんな使い方を考えてみてください。



ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。

 
 
 
> 清水なお子作品index

 
 
> うつわ穂垂HP

|

2013年2月 2日 (土)

伊藤聡信/色絵スペイン鉢

Bdsc_0405


今日はびっくりするくらい暖かい一日になりましたね。

さて、今日は石田さんの器紹介はお休みして、伊藤聡信さんの器をご紹介します。昨年の個展でも出品されていたものの、写真を撮る間もなく旅立って行ってしまいました。ですので、ここでは初紹介になります。

スペイン鉢と名付けられたエキゾチックな器。個展では韓国の織物作家さんがアトリエの壁に飾りたいとお求めになられたりしました。

使えば料理を引き立て、使わずとも空間を明るくする、働き者の器です。

Bdsc_0411Bdsc_0409


Bdsc_0420Bdsc_0444


Bdsc_0433_2Bdsc_0438_2


●伊藤聡信/色絵スペイン鉢 Ф約18×h約5cm \4,200

ピンク sold 黄 sold 紫 sold


内側は生成り色の粉引、外側は褐釉のこげ茶に掛け分けられていて、そこに下絵として鉄の印判、そしてその上にピンクや黄色の上絵という風に、実はかなり手の込んだ作りとなっています。

冬は温かいスープにいかがでしょうか?



ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。


http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »