« 三笘修 三人展出品作4/4  「花入のかたち」 | トップページ | 村木雄児陶展 「五月の薪窯」 始まりました。 »

2013年6月18日 (火)

伊藤聡信/色絵蓋碗

Itss_130618_35553_4

梅雨だというのに真夏のような暑い日が続いていますね。先が思いやられます。

さて、三人展の小林慎二さんの器の掲載がまだできておらず、今ようやく作業に着手しているところですが、その前にどうしてもご紹介しておきたい魅力的な器が伊藤聡信さんより届いていますので、まずそちらを先に掲載させていただきます。

「蓋碗」という器に関してはまだご存じない方もおられると思いますが、代表的な中国茶器の形の一つで、受け皿、碗、蓋の3点からなり、急須の機能と湯呑の機能が一つの器で賄えるという優れものです。碗に茶葉を入れ、蓋をして蒸らし、蓋で茶葉が流れ出るのを押さえながら蓋をずらした隙間から茶を飲むこともできるし、急須代わりに別の湯呑に注いでも使えるものです。

そういった基本的なことは知っていたものの、恥ずかしながら使ったことがなかったので初めて使ってみましたが、ジャスミンティーを楽しく、美味しくいただくことができ、ちょっとハマりそうな感じです。

Itss_130618_35469

Itss_130618_35503
蓋で茶葉を混ぜたりもします。

蓋碗を知らなければ、我々日本人にはこの形、どうしても茶碗蒸しの器に見えてしまう訳ですが、それも全然アリだと思います。自分なりの使い方で楽しんでいただければいいと思います。



Itss_130618_35515_3
Itss_130618_35569Itss_130618_35564_4
Itss_130618_35548Itss_130618_35544
Itss_130618_35528_5

●伊藤聡信/色絵蓋碗 \4,000+税

碗のサイズ:Ф約10×h約5.5cm 組んだときのサイズ:Ф約10×h約9cm 

ピンク  黄  紫 

受け皿と碗の輪郭が綺麗に繋がるところからも注意深くデザインされていることが分かります。

模様の花の形はそれぞれ微妙に違いがあります。ご了承ください。


ここでご紹介しました作品は当店在庫で通販もお受けしております。
下記ページを参照の上、ご注文ください。

 

完売しました(ご注文可能ですが、納期はおよそ半年ぐらいです)

現在、伊藤さんの器はすべて展示会時のみの販売となっており、

注文製作をお受けしておりません。



http://homepage2.nifty.com/u-hotaru/webshop-howtoorder.htm 

 

> うつわ穂垂HP

|

« 三笘修 三人展出品作4/4  「花入のかたち」 | トップページ | 村木雄児陶展 「五月の薪窯」 始まりました。 »