« 福田敏雄展 作品紹介/平椀と多用椀 | トップページ | 福田敏雄展 作品紹介/面取り四つ椀 »

2013年12月15日 (日)

福田敏雄展 作品紹介/塗り分け椀と羽反り丼椀

この二つのお椀は初めて見る形だったので新作かと思いきや、ずっと前に作っていて最近作っていなかったものを、お客様から追加の依頼があって久々に作ったものだそうです。

塗り分け椀は豚汁や炊き込みご飯が似合いそうな、素朴で親しみを感じるお椀です。

小丼ほどの大きさの羽反り丼椀は高台が相対的に低いせいで可愛らしいバランスになっていて、今回とても好感を持っているお椀です。写真は黒だけですが、売れてしまった朱がとても良かったです(作家在庫があるそうなので今なら朱も注文可能です)。
 
 
 

Dsc_0889 Dsc_0891

●福田敏雄/塗り分け椀 刷毛目・朱塗分 Ф約12.7×h7.5cm \13,650

ふくよかな丸みがあって、たっぷり入るお椀です。

画像、ちょっと白っぽく写ってしまっています。
 
 
 

Dsc_0893 Dsc_0895

●福田敏雄/羽反り丼椀 黒 Ф約15.3×h8cm \23,100(朱も有り)

画像、ちょっと白っぽく写ってしまっています。


 
 
こららの器は取り寄せとなります。

注文からお届けまで1週間前後お日にちを頂戴いたします。

 

 

> 福田敏雄 漆展 
 

> うつわ穂垂HP

|

« 福田敏雄展 作品紹介/平椀と多用椀 | トップページ | 福田敏雄展 作品紹介/面取り四つ椀 »