« 福田敏雄展出品作ご紹介/ラッパ椀から反り椀へ | トップページ | 福田敏雄展出品作ご紹介/汁椀と飯椀 »

2013年12月 7日 (土)

福田敏雄展出品作より/研ぎ出し椀と石目椀

研ぎ出し椀と石目椀、これら二つの椀の名前はその仕上げ技法の名前から名づけられています。

研ぎ出しというのは、違う色の漆を塗り重ねた後に表面を研いでその下の色をところどころ見えるようにしたもののことで、よく根来塗りなどと称して見受けられる漆器などもこのような仕上げと言えます(本来の根来塗りは経年変化による自然に擦れたり剥げたりしてできたものであって、人為的に装飾目的で施したものではありません)。

福田さんの研ぎ出し椀は独立当初に作られたもので、当時はこの椀にははっきりとした研ぎ出し模様が施されていて、そこから研ぎ出し椀と名づけられたそうです。今はそういった人工的な研ぎ出しをわざとらしく感じるとのことで、工程の中で必要最低限の研ぎしかしておられませんので、研ぎ出し模様が全くと言っていいほど出ていませんが、名前だけがそのまま残っているということだそうです。
 
 

研ぎ出し椀と違って、石目椀という名前は今でも有名無実化していませんが、ときどき石目仕上げをしていない石目椀があったりして、その場合、それしか見たことがなければ石目って何?ということになります。
石目仕上げの説明に関しては過去記事をご覧ください。
 
 

Dsc_0752_2


Dsc_0763

右手前より、

●福田敏雄/研ぎ出し椀(大) 朱 Ф約13.5×h6.7cm \13,650

●福田敏雄/研ぎ出し椀(大) 黒 Ф約13.5×h6.7cm \13,650

●福田敏雄/研ぎ出し椀(大) べっ甲 Ф約13.5×h6.7cm \13,650

浅くてゆったりとした形の椀にはクリームスープなんかも似合いそうです。
 

 
 



Dsc_0743

左より、

●福田敏雄/研ぎ出し椀(小) 曙 Ф約12.9×h6.4cm \12,600

●福田敏雄/研ぎ出し椀(大) 黒 Ф約13.5×h6.7cm \13,650(上の写真と同じものです)

一見同じように黒く見えますが、左が曙(曙はよく見ると下地に塗った朱が透けて見えます)、右が黒です。
 
 
 

 
 

Dsc_0776

左より、

●福田敏雄/石目椀(小) べっ甲 Ф約10.7×h6.4cm \10,500

●福田敏雄/石目椀(中) べっ甲 Ф約11.5×h7cm \11,550

●福田敏雄/石目椀(大) べっ甲 Ф約12.4×h7.6cm \13,650

私のイメージする汁椀に一番近い形です。
 
 

 
 

Dsc_0778

●福田敏雄/石目椀(小) べっ甲 Ф約10.7×h6.4cm \10,500(上の写真と同じものです)

●福田敏雄/石目椀(小) 黒内朱 Ф約10.7×h6.4cm \10,500

小振りで子供用にも良いと思います。 
 
 
 
 


Dsc_0784

●福田敏雄/石目椀(中) べっ甲 Ф約11.5×h7cm \11,550(2つ上の写真と同じものです)

●福田敏雄/石目椀(中) 黒 Ф約11.5×h7cm \11,550

標準的な汁椀サイズです。
 

 
 
 

Dsc_0785Dsc_0789

●福田敏雄/石目椀(大) べっ甲 Ф約12.4×h7.6cm \13,650(3つ上の写真と同じものです)

●福田敏雄/石目椀(大) 黒 Ф約12.4×h7.6cm \13,650

たっぷり入るサイズです。
 
 
 


 

このブログでご紹介する福田敏雄展出品作はすべてご購入可能です。こちらのページをご参照の上、メールにてご注文ください。
なお、今後も個展出品作の掲載が続きますので、掲載がすべて終了するまでの間、取り置きも承ります。
また、同時に店頭でも販売していますので、ご注文頂いた時点ですでに売り切れてしまっている場合もございます。予めご了承ください。
今回、在庫数は敢えて表記していませんが、店頭在庫以上の数をご注文された場合は、作家在庫があれば取り寄せいたします。なければ注文されるかどうかを確認させていただきます。注文制作となった場合、納期はおよそ半年ですが(作品によってはそれ以上かかるものもございます)、今ご注文頂いた分は4月以降も現在の消費税率(5%)で計算させていただきます。

展示会出品作は送料の割引サービスは適用外となります。
(HPのwebshopページ作品と合わせてお買い物いただく際は、webshopページ作品のみの合計金額で割引の適否が決まります)
 
 

 

> 福田敏雄 漆展 
 

> うつわ穂垂HP

|

« 福田敏雄展出品作ご紹介/ラッパ椀から反り椀へ | トップページ | 福田敏雄展出品作ご紹介/汁椀と飯椀 »