« 目次のページを作りました。 | トップページ | 福田敏雄展 作品紹介/平椀と多用椀 »

2013年12月12日 (木)

福田敏雄展出品作ご紹介/端反りの形

椀の胴体の膨らみを削ぎ取ったようなやや角張ったラインに、外に反らせた縁のラインが組み合わさって、男性的な力強さを感じさせるお椀を3種類ご紹介します。

椀の腰から下をすっきりとさせていますので非常に持ち易いのもこれらのお椀の美点の一つとなっています。
 
 

Dsc_0724

Dsc_0725

●福田敏雄/高台椀 黒 Ф約12.2×h6.5cm \11,550

高台の高い形は飯椀向けかと思いますが、もちろん汁ものにお使いいただいても構いませんし、小鉢として料理を盛ってもなかなかいいように思います。
 
 
 

Dsc_0716

Dsc_0719

●福田敏雄/飯椀(端反り型) 曙 Ф約12.8×h6.8cm \11,550

●福田敏雄/蓋付き羽反り椀 朱 Ф約12.8×h7.3cm(蓋を除く) \23,100

端反りのラインが格好良い飯椀と、それに類似した形に蓋がついたお椀です。

いつもは使う必要がないかもしれませんが、蓋があると楽しさが増すように思います。
 
 
 
以上の作品は取り寄せとなります。

注文からお届けまで1週間前後お日にちを頂戴いたします。

 

 

> 福田敏雄 漆展 
 

> うつわ穂垂HP

 

|

« 目次のページを作りました。 | トップページ | 福田敏雄展 作品紹介/平椀と多用椀 »