2013年4月 1日 (月)

安齋新・厚子 艸田正樹 萠窯 三人展 終了(web展はまだ続きます)

Bdsc_0163


実店舗での三人展が終了しました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

こちらのブログでの作品公開も始めていますが、まだ全部の掲載は終わっておりません。

もうしばらくの間お付き合いいただけましたら幸いです。


展示会作品のお引き渡し時期についてのお願いがあります。

作品は奈良の店舗にストックしてあり、次に店舗へ出向くのが4月5日の予定ですので、お届けはそれ以降となります。お待たせして申し訳ありませんが、どうかご了承ください。

ただし、31日の夕方までにいただいたご注文に関しては今日から順次発送させていただきますので、どうぞお楽しみに。

31日夜に頂戴しましたメールへのお返事がまだできておりませんが、明日1日に対応させていただきますので、どうかもうしばらくお待ちください。




> 安齋新・厚子 艸田正樹 萠窯 三人展

> うつわ穂垂HP 

|

2011年10月20日 (木)

常設展 明日から

Josetu_111007_10484j_825

明日から常設展が始まります。

常設がないのに常設展? 常設がないから常設展?

考えるとおかしなことになりますので、その辺はスルーしていただいて、とにかくいろんな作り手のいろんな器を見れる展なんだとご理解いただけるとありがたいです。

ただいま設営中といいたいところですが、まだ大阪で梱包作業中です。

すべての器を連れては行けそうにありませんが、なるべくたくさんの器を持っていけるよう、もう少しだけここで格闘して奈良に向かいたいと思います。

多くの方に実際に器を手に取って見ていただけると嬉しいです。
奈良・香芝でお会いしましょう。


写真は尾形アツシさんのヒビ粉引平鉢と土井善男さんの乳白釉輪花五寸鉢。
どちらもHPにも掲載しています。
個人的に超お勧めなのですが、まだ売れ残っていることを考えるとHPではその良さが伝わっていないのでしょうか。ぜひ実物を見にいらしてください。

 

> うつわ穂垂HP

|

2011年9月 2日 (金)

展示会 仕込みあれこれ/関東出張三日目

Tokyo20112007 Tokyo20112004

今日は早く横浜のホテルに辿り着いたので、今回の出張について簡単にまとめておきます。

吉田直嗣さん、長谷川奈津さんとは先ごろの個展の反省と次回に向けての話をしました。まだ数年先の話ですが。

田谷直子さんと竹本ゆき子さんには来秋の二人展をお願いしてきました。

深田容子さんには来年か再来年、ようやく二度目の個展をしていただくことが決まりました。

青木さんの工房で製作している石川隆児さんのところは二度目の訪問にして初仕入れが叶いました。

漆の小林慎二さんを初訪問し、この秋から新しくご紹介させていただくことになりました。福田敏雄さん、仁城義勝さんのツートップを脅かすぐらいの活躍を期待したいと思います。再来年の陶・漆・硝子三人展の漆担当にも決定しました。ちなみに陶担当は三笘修さん、硝子担当はまだもう少し先のご紹介になります。

上泉秀人さんには発注していたコップの受け取りと、食べることの大切さについての話、店作りのヒントなどをいただきました。

そしていよいよ明日は最終訪問地、村木雄児さんの工房を訪ねます。来春の個展のことなど、ゆっくりお話しながら少しずつイメージしていけたらと思っています。

 

> うつわ穂垂HP
 

|

2011年8月14日 (日)

吉田直嗣展より/使える大鉢

Lysdtn_110808_8353

Lysdtn_110808_8363

吉田さんの器の多くは、薄くシャープに作られているので、大鉢にしても比較的軽く出来上がっています。

直径30センチを超えるとその大きさもさることながら、あまりの重さに使うのをためらいがちですが、吉田さんの器は黒であっても重苦しい雰囲気が全くないので、自然と出番も多くなると思います。

写真は一番大きな黒の鉢です。家族4人分の素麺も一辺に盛れそうです。

吉田さんの大鉢は、まさに使える道具で、特にお勧めしたいアイテムでもあります。
 
 
吉田直嗣展、今日は最終日です。
時期が時期なので当たり前ですが、最初から最後まで暑い暑い展示会となりました。汗かきお越しくださった皆様に心より感謝申し上げます。
そして、最後の一日もよろしくお願いします。

webでの作品紹介も準備を進めています。15日には掲載できると踏んでいます。こちらもどうぞお楽しみに。

 

●吉田直嗣/鉄釉鉢 Ф32×h8.5cm \26,250
 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 

|

2011年8月12日 (金)

吉田直嗣展より/灰釉鉢

Ysdtn_110809_8696j_782

Ysdtn_110812_8770j_781_2

真夏の吉田直嗣展もあと週末の2日を残すのみとなりました。

まだ多くの器をご覧いただけます。

暑い中ではありますが、お越しいただけましたら幸いです。
 

●吉田直嗣/灰釉鉢 Ф25×h8.5cm \12,600

 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 

|

2011年8月11日 (木)

吉田直嗣展より/心地よい朝の目覚め

Ysdtn_110808_8555j_780

連日暑い日が続いていますね。

今回、白磁の新作食器や大鉢などが充実しています。吉田さんの白は白色度が高く清々しい雰囲気なので、こんな暑い日の朝なんかにもぴったりかと思います。

これで心地よい目覚めが約束されるわけではありませんが、こんな食器があると思うと、寝苦しい朝もちょっとは気持ちよく起きられるのではないでしょうか。

 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 
 

|

2011年8月10日 (水)

吉田直嗣展より/釉の流れ

Ysdtn_110810_8726j_776_3 Ysdtn_110810_8715j_773

ぱっと見ではただ黒いだけに見える黒(鉄釉)の器も、よく見ると上から下へ釉薬が流れていて、単なる真っ黒でもなく、あ、キレイだなと思います。

灰釉の器(磁器)はもう少しわかりやすく釉の流れと溜まりが見えて、こちらも実にキレイです。
写真が暗くて分かりにくいですが、コップとコーヒーカップでは土(陶石)が違うため(釉薬は同じ)、色見も若干違いがあります。コップはわずかにグレーっぽくて、コーヒーカップの方はもう少し冴えた白さがあります。

いずれもさりげないニュアンス表現にとどめてあるのが吉田さん流といえましょうか…。

Ysdtn_110810_8745j_777 Ysdtn_110810_8759j_779

●吉田直嗣/鉄釉中鉢 Ф20.5×h6cm \5,250

●吉田直嗣/灰釉コップ(ロング) Ф8×h10.5cm \3,675

●吉田直嗣/灰釉コーヒーカップ Ф9×h7cm \3,675

 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 
 

|

2011年8月 9日 (火)

吉田直嗣展 4日目

Ysdtn_110807_8046j_770_2 Ysdtn_110807_8131j_772_2

Ysdtn_110807_8066j_771_2
 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 

|

2011年8月 8日 (月)

横顔の美しさは…

Ysdtn_110808_8527j_765

「わたし横から見る吉田さんの器が好きなんです」

これは今日来られたお客様の言葉ですが、それは私も全くの同感です。

今日はお客様のいない時間に作品の撮影をしていたのですが、すべての器が本当に美しい横顔をしていました。

そして横顔の美しさは見込みの美しさにも繋がっていて、新作の白磁小鉢などはまず見込みの美しさにハッとして、そのあと横顔を見てまたハッとさせられるという具合で、写真を撮りながら改めて吉田さんの器の形の美しさに見とれてしまう瞬間が何度も何度もありました。

Ysdtn_110808_8428j_768_3

Ysdtn_110808_8433j_769_2

●吉田直嗣/白磁小鉢 Ф17×h4cm \4,200

 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 
 

|

2011年8月 7日 (日)

吉田直嗣展より/灰釉コーヒーカップ

Ysdtn_110806_7859j_764

磁器の生地に灰釉が施され、なんとも涼しげな質感となったコーヒーカップ。

コーヒーよりもむしろハーブティーなんかが自然とイメージされます。

持ち心地も、口当たりも非常に良い一品です。
 

●吉田直嗣/灰釉コーヒーカップ  Ф9×h7cm \3,675

 

> 吉田直嗣 陶展
 

> うつわ穂垂HP
 
 

|

より以前の記事一覧